マーケティングオートメーションツール

19-02

自社のWebサイトの中に、広告や送信したEメールからの遷移先としてのランディングページを簡単に設置し管理できる機能。ページを閲覧した相手に応じてダイナミックにコンテンツを出し分ける機能を有するツールもわんさ。

フォームからキャプチャーされたリードや、展示会など外部で集められたリードなどを一元的に管理するデーターベース機能。例えば、「昨年の展示会に来場しており、かつ、直近1ヶ月間に自社のサイトを閲覧したリード」や「◯◯に関するページを過去3ヶ月の間に合計5ページ以上閲覧したリード」などだ。

ページ内に、リードとして登録してもらうためのフォームを埋め込むことが出来る。マーケティング活動は様々な手段の複合的な工程となっている。

マーケティングオートメーションツールは、それらの最適化を支援し、その手間を低減するための機能を持つ。それらの履歴情報とフォーム入力やアンケート内容などを基に、セグメンテーションをする機能を持つ。

ツール内の機能によって行われたコミュニケーションの履歴はもちろんのこと、外部で行われた接触履歴についてもインポートや記録をすることができる。

これからセールスフォースやコンテンツSEOなどに着手したいのならベンチャーネットです。
企業様の収益アップに繋がる最新システムを提案しています。

武田塾のコツ
http://www.takeda-style.com/